本文へスキップ
冒頭ページ *** *** *** *** ***
    

  

 冒頭ページへ
   冒頭ページへ






公開作業 その2    

 (2016-5-15〜)


5/15 体の調子が悪いときには、PCに向かっての長時間の作業は出来ない。そのため寝ていても出来ることをすることに当てる。
とりあえずは、右の写真のように、MICRO-BR(小型多重録音装置)、ボイスレコーダー、ノート、筆記用具を準備して枕元に持ってくる。ボイスレコーダーには克って録音したボイススケッチが多数有るので、それらを組み合わせて何らかの曲としてのまとまりを持った全体スケッチをMOCRO-BRを使って録音していく。
こんな作業なら寝ていても出来る。

今回は元気なマーチを前半と中間部の声スケッチを繋げてみた。
 第一案 第二案 
後ほど、体の調子が戻ったら楽譜化作業に移る。
  






公開作業 その1    

 (2016-5-9〜)

(3) 5/13 どうもテーマの選択が良くない。
結論から言うと、交響曲を作るにはテーマとしてもっとがっちりした物を扱った法が、全体の構成をしたときに雄大感が曲に宿るだろうと直感している。
今日紹介しているのは、交響曲を作ろうとしてテーマとして声スケッチやビデオスケッチから楽譜にしてみたが失敗例だ。こうして試行錯誤していくうちに大きな曲は様になってくる。
それから、失敗した物も、後ほど使える場合もあるのでとっておくことにする。

それにしても、今日はコンディションが最悪だ、早く風邪を治さないと曲を書くための無理が利かない。現状では無理をすると死んじまいそうだから無理は出来ない。
 



↑「交響曲」を作り始めた。まずはスケッチからだ。かなり時間のかかる仕事だが、出来ない相談ではないまず何を書くかが問題だ。下の写真にリンクして、その発想をビデオで紹介する。驚くほど簡単な発想だが、これが数ヶ月してオーケストラ作品になっていく手順を観察することが出来る様に続けていく。


 
(1) 5/5 冒頭ページへ
    (2) 5/5冒頭ページへ
  
                                
















公開作業の目次一覧
2016年5月15日

2016年5月12日











公開作業 その2 : 体の調子が悪いときに出来ること。

公開作業 その1 : 交響曲を作り始めた。











1'40"付近 移行部分 調整必要